PR

【豆知識003】🇯🇵Visit Japan Webって便利?不便?

イギリスの日常
PR

このブログはイギリスのことじゃないの?って感じですが、先月一時帰国したのでタイムリーなことをシェアしていきます。

そう、初めてやってみたVisit Japan Web(VJW)についてです。

Visit Japan Webとは?

今まで入国カードや税関申告書類を紙で管理していたのがデジタル化。

開始当初からはCovidの規制での利用の印象が強かったですが、今後は外国籍の方々の入国カードと免税処理、全入国/帰国者の税関申告に使われるようです。

かなり頻繁にシステム更新をしているようなので2023年5月の経験ということで見て下さい。

では〜

📍公式サイト

Visit Japan Web|デジタル庁

検索キーワード[Visit Japan Web]

利用の流れはデジタル庁のサイトでも詳しく記載されてます

利用の流れ|Visit Japan Web|デジタル庁

ログイン&アカウント作成について

まず初めにアカウント登録する必要があります。

「新規アカウント作成」をクリックして以下の項目を入力します。

  メールアドレス 、 指定するパスワード

登録のボタンを押すとメールアドレスに確認コードが送られてメールアドレスの確認があります。

これで登録完了!

渡航情報の登録

指定したメールアドレスとパスワードを入れてログインします。

そうすると、「本人の情報」「同伴家族の情報」を登録するところがあります。

さぁ〜項目毎に必要事項を登録していきます。

📍利用者を登録

入力事項:パスポート情報/日本での連絡先(任意)/同伴家族情報(登録作業ができない高齢な方やお子様のみ)

スマホの場合、パスポートの読み取りができて便利です。ただちゃんと登録が合っているか要確認です!誤認識回避のため。

※今後は、同伴家族も紙と同様に家族が登録できるようです。(2023/6の情報)

📍入国/帰国の予定を登録

入力事項:入国日/航空会社/便名/日本での滞在先/税関申告にて職業と出発地/税関申告事項リストのチェック/外国籍の方は入国審査の入力事項(割愛🙇🏻‍♀️)

※滞在先は、滞在中に転々とするので実家を登録

  (本人に連絡が付けば良いらしい)

※税関申告の準備が今回の肝になるところ。

毎回紙で提出していた物を一項目ずつ「はい」「いいえ」を答えていきます。結構な量ですね。

全ての記入と選択が終わって登録画面に戻るとQRコードを表示する画面が出てくるのでQRコードをチェックして登録完了。

これで登録完了!さぁ飛行機乗って🇯🇵へ。

日本への到着時の手続き

帰国は自動化ゲートをサクッと通り荷物受取場へ。

荷物が来るのを待つまでの時間を利用して、荷物受取レーン近くに設置してある税関申告用QRコード読み取り機械にQRコードとパスポートを読み取って顔認証用の登録されたら申告完了。

スマホとパスポートはもう鞄へしまってOK。

あとは荷物受け取って顔認証ゲート通るだけ。

スーツケースを受け取ってからパスポートや申告書も片手に係員に出して質問答えて〜とかせずに済むので楽でした。

⚠️注意事項

・税関申告事項の処理や検疫が必要な場合は、当然、指定の窓口に行くのは今までと同じです。

・QRコード読み取り機とゲートの顔認証の機械の設置上、身長100cm以上の方しか使えないと書かれていました。お子様いる方は注意が必要かと思います。

・渡航予定の登録は10個までだそうです。もし11個以上を登録したい時には前までの登録を削除するか登録の変更で登録情報を更新する必要があるらしいです。

私の主観的感想

渡航前は批判する情報をよく耳にして、どうなんだろう?って思ってましたが〜😅

今回体験した感覚としては、紙で申告してた時の飛行機内でのパスポート出して〜ペン出して〜っていう煩わしい時間もなく、待ち時間を有効に使えたし、VJWは便利だなぁ〜って思いました。

次回からは帰国情報だけ登録すればいいし、より便利かも。

あと、VJWの税関申告って、海外からの渡航者でも準備の段階で持ち込み禁止物とかチェックできるから、🇯🇵への持ち込み禁止物が分かっていいかも。荷物入れた飛行機の中で申告の紙を渡されて、「えっ?これダメなの?」って分かっても、既に飛行機内に乗っちゃってるしねぇ〜🤣

まだまだ発展途上かなって部分もあったので、どんどん使い勝手が良くなることを願いたいですね😊

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました